4K・VR徳島映画祭2018 22日(木)23日(金・祝)24日(土)

SCROLL

NEWS

2018.07.07
「4K・VR徳島映画祭2018」作品募集開始。応募はこちらから
 

4K・VR徳島映画祭とは

“日本でたったひとつ”4K映像に特化した映画祭。
全国から応募された4K・8K・VR作品の中から優秀な作品を表彰し、期間中(11/22-24)において受賞作品、ノミネート作品の上映を行います。
食と文化の町・神山での滞在を楽しんで頂くために、作品鑑賞以外のプログラムもご用意しております。

FEEL THE FUTURE

今年のテーマは体感!

舞台は徳島県の山間部に位置する人口5,400人の限界集落『神山町』。
日本で最も注目を集める田舎町に2018年、4K・VR徳島映画祭では「体感」をテーマに映像・音楽・講演、それぞれの分野から時代を反映する最先端コンテンツを田舎町『神山町』から発信します。

なぜ4K映画祭を?

眺める4Kから、楽しむ4Kへ
近年、良質な4K作品が続々と生まれる中、未だに技術面のみが注目されがちな4K。
だからこそ、4Kが持つエンターテインメントの世界に着目してほしいと考えています。
さらに、4K作品以外にもVRなどの新しい映像の楽しみ方も人々に知って頂きます。

今年の会場は神山町にある廃校を使用。
映画祭を訪れる全ての人々が学園生活を思い出し、主体的に映画祭に関わることができます。また、映画祭に来た人々が自分の学生時代を思い出して懐かしんでもらうと共に、4KやVRを始めとする最先端技術が体験できる、「懐かしいけど新しい」を体験できます。神山町という山の中の学校で、普段は関わることのない人々とのつながりが生まれるようにという思いがあります。

舞台は神山町、サテライト・オフィスのある町

神山町には16社のベンチャー企業がサテライトオフィスを開設しています。豊かな自然の中で伝統的な建物と先端の仕事が不思議と融和しています。

4K作品応募方法

作品募集についてのお問い合わせはページ下部にありますお問い合わせからよろしくお願い致します。

作品応募ページはこちら

過去の実績

【2013年】4Kフォーラム 入場者数:約150人
【2014年】4Kフォーラム 入場者数:約3,200人
【2015年】4K映画祭・4Kフォーラム 入場者数:約2,900人 応募作品:60作品
【2016年】4K映画祭・4Kフォーラム 入場者数:約3,400人 応募作品:105作品
【2017年】4K映画祭・4Kフォーラム 入場者数:約4,800人 応募作品:124作品

過去のサイト

2017 / 2016 / 2015 / 2014