4K徳島映画祭

menu open
ページの先頭へ

13:00~14:30 改善センター2F

神山町暮らしの風景図鑑をつくる

石川 初 × 西村 佳哲

talk_27_ishikawa
大学の研究室の活動として、神山町を対象にどのような調査・研究を進めているか、これまでの調査や研究でわかってきたこと、考えたことなどを中心に、神山つなぐ公社の西村佳哲さんにもご登壇頂いて、神山町について思うことや、神山町をヒントに私たちの暮らしに応用できそうなヒントなどについてお話します。また自己紹介も兼ねて、大学や研究室で普段やっていること、これまで個人的に続けてきたことなど、地図や地形、ランドスケープなどの仕事や趣味についてお話します。

石川 初

慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科/環境情報学部 教授

1964年京都生まれ。東京農業大学農学部造園学科卒業。ランドスケープデザイナーとして設計実務に携わったのち、2015年より慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにて、外部環境のデザインや地図の表現などの研究・教育を行っている。GPSの軌跡を使って地図上に地上絵を描く「地上絵師」としても知られている。

西村 佳哲

神山つなぐ公社 理事

1964年東京生まれ。武蔵野美術大学卒。デザインプロジェクトの企画立案とチームづくり、ディレクションや、ファシリテーター役を担うことが多い。そのほか大学等での講義や、ワークショップなど。町には「イン神山」(2008~)の制作で訪れ、2014年から主に神山町で暮らしている。著書に『自分の仕事をつくる』『ひとの居場所をつくる』など。