4K徳島映画祭

menu open
ページの先頭へ

10:00~11:00 セミナールームA

地上波ローカル局が考える次世代サービス

放送を取り巻く環境が激変している。衛星やIP伝送路などで着々と4K化が進展し、キー局のコンテンツは全国各地からさまざまなデバイスで視聴できる。広告費の減少、地上波ネットワークの変貌が予想されるなか、地上波ローカル局が今、何を考え、いかに対応していくのか。グループ会社の有料チャンネル事業を手掛けた経験を通じて、地域メディアの今後を語る。

野村 和生

名古屋テレビ放送株式会社 取締役 東京支社長

"1957年生まれ。1981年名古屋放送(現 名古屋テレビ放送)株式会社入社。
2001年同社 営業局営業部部長
2003年同社 編成局 宣伝部 部長
2004年同社 編成局 編成部 部長
2007年同社 技術局 局次長 兼 システム部 部長
2008年同社 事業室 室次長 兼 デジタル事業部 部長
2010年出向 名古屋テレビネクスト株式会社 代表取締役社長
2013年同社 編成局 局長 兼 名古屋テレビネクスト株式会社 取締役会長
2014年同社 取締役 編成局長 編成・次世代放送担当
2015年同社 取締役 東京支社長 渉外・東京営業・次世代放送担当(現職)"